2018/01/01

平成30年1月 住職のつぶやき日記

謹賀新年


すべてのご門徒宅に年賀状を送るようになって、数年が経ちます。


苦しみや悲しみ、病を抱えながらも新しい年を迎えたことを、


まずは喜びたいと思います。

年が改まったといっても、すべてがリセットされるわけではありません。

なにがおめでとうだ・・という方もおられるに違いありません。

しかし、新たなスタ-トを迎える・・と考えれば

すこし力もわいてくるような気もするのです。

社会の様子や国際情勢を考えるととても不安な時代ですが、仏教徒として

どう生きるのかを、お互いに探っていきたいと念願いたします。