2018/08/01

8月-今月のことば

「孤立死」と「孤独死」はどう違うのでしょうか。

内閣府の高齢社会白書 平成29年度版では、

孤独死は「誰にも看取られることなく

亡くなったあとに発見される死」としています。

しかし、孤立と孤独という概念は

違うのではないでしょうか。

東京都監察医務院では、

「異常死の内、自宅で亡くなられた一人暮らしの人」

の死を「孤独死」とし、

厚生労働省では

「社会から「孤立」した結果、死後、

長時間放置されるような」死を

「孤立死」としているようです。


他には、テレビのNHKスペシヤルで放送された

「無縁社会」という番組の取材班は

「誰にも引き取られない遺体」を

「無縁死」と呼んでいることを付け加えておきます。

NHKテキスト 老前整理の極意 より