2018/05/02

5月

繰り返すことができない日々、

かけがえのない出会いをいただいているはずなのに、


「昨日の続きに今日が来て、

今日の続きに明日が来て・・・」

という「慣れ」の中、つい感動も薄れ、

緊張感もゆるみがちになります。

それでも、

ときに幼子たちのあどけない表情、優しいまなざし、

そして手を合わせお念仏申している

素直なすがたに出会うと、

「初めの日」のすばらしさ、みずみずしさ、


大切さを思い起こさせてくれます。


めぐみ 241号 貴島 信行さんの文章より