2018/03/26

平成30年 春季永代経法要













おかげさまで、今年も春の永代経法要を

無事おつとめさせていただくことができました。

(→ 法要の様子はこちらをクリック
してください ←)

おまいりくださった皆さま、

おときのお手伝いをいただいた方々、

そしてご講師の先生、本当にありがとうございました。

今回から特に力を入れていることは、「おとき」の継承です。

何百年という伝統あるおときを、

ぜひこれからも受け継いでいきたい。

単に続けたいというのではありません。

ご近所で作られた野菜などをみんなで料理し、

いただくことの意味が本当に大きいから、続けたいのです。

今回のおときも、間違いなく美味しかったです。

お寺でおまいりをして、お話を聞き、おときをいただく。

先輩方が、私たちに向かって「今も」

はたらき続けてくださっている

ことをあらためて味わわせていたく永代経法要。

昔も、今も、これからも、無数のつながりが

私の土台になっていること。

「いのちのつながり」が見えにくい現代だからこそ、

必要な感覚だと思います。

そんなわけで、おときのお手伝いを大募集していますので、

ぜひ、あなたもご参加くださいね!